陶芸作品の作り方「施釉」・「本焼き」

素焼きを終えた陶芸作品へ施釉(釉薬を掛けること)を行います。
陶芸教室で使用する釉薬はたいていバケツなどに入れて保存されており、底に薬品が沈殿しているため柄杓でよくかき混ぜて使用します。どの釉薬を掛けるかは好みで選びますが、使用した粘土の種類によって発色が異なるのでテストピースなどがあれば参考にすると良いでしょう。
釉薬の掛け方も「浸し掛け」「ガバ掛け」「流し掛け」「吹き掛け」等何通りかありますが、基本はなるべく器全体にまんべんなく掛けるようにし、高台には掛からないようにします。(焼成時に釉薬が下に流れてしまい底部分がくっついてしまいます)

釉掛けまで進んだらいよいよ最終段階の「本焼き」を行い、焼き物の完成です。
陶芸窯の中に作品を並べる時は、作品と作品の間隔をあけておかないと作品同士がくっついてしまいます。
本焼きは10時間ほどかけて約1250度までゆっくり温度を上昇させ、同じ時間かけて自然冷却します。十分温度が低下してないうちに陶芸窯の蓋を開けるとせっかくの陶芸作品が割れてしまうので注意が必要です。
陶芸窯の中の温度が低下したら窯から取り出し、ようやく陶芸作品の完成です。窯出しの作業が陶芸のもっとも楽しみな瞬間であり、この瞬間までどのような焼き物になるか分からない所が陶芸の魅力でしょう。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【陶芸教室で陶芸体験】のサイトトップに戻る▲

陶芸体験基礎知識
陶芸の魅力 陶芸教室の基礎知識 陶芸窯、陶芸用品・材料について
陶芸作品の作り方
陶芸作品の作り方「土練り」 陶芸作品の作り方「成形」 陶芸作品の作り方「乾燥」・「素焼き」 陶芸作品の作り方「施釉」・「本焼き」
陶芸作品集
陶芸作品「お皿」 陶芸作品「小鉢」 陶芸作品「茶碗」・「どんぶり」 陶芸作品「花瓶」・「植木鉢」 陶芸作品「その他の陶芸作品」
陶芸教室一覧
東京都の陶芸教室(23区) 東京都の陶芸教室(23区以外) 大阪府の陶芸教室 京都府の陶芸教室 神奈川県の陶芸教室 千葉県の陶芸教室 埼玉県の陶芸教室 兵庫県の陶芸教室 栃木県の陶芸教室 愛知県の陶芸教室 福岡県の陶芸教室 群馬県の陶芸教室
陶芸教室で陶芸体験リンク集
陶芸関連のリンク集1 陶芸関連のリンク集2 陶芸関連のリンク集3 陶芸関連のリンク集4 お役立ちサイトリンク集1 お役立ちサイトリンク集2
当サイト管理人より
管理人プロフィール 相互リンクについて 免責事項

スポンサードリンク