陶芸作品の作り方「成形」

手びねり

手びねりとは電動ロクロなどを使わずに手だけで成形することです。
陶芸の中で最も簡単な方法ですが、手作りならではの味わいや個性が出る成形法で機械作りでは出せない趣があります。
(焼成後は粘土の中の水分が抜けて縮むため、少し大きめに作ること)

手びねり作品

タタラ作り

タタラとは板状の粘土のことで、そのタタラを様々な形にして成形するのがタタラ作りです。
板状にした粘土を各部品ごとに切り、組み立てたり型にはめて作ります。
下の写真のようなロクロでは成形不可能な四角いお皿を作ることが可能です。また、マグカップなどは胴の部分・底の部分・取っ手の部分を板状にした粘土から作っておき、ドベ(水分を多く含んだ粘土)で各部品を接着させて作ります。
(焼成後は粘土の中の水分が抜けて縮むため、少し大きめに作ること)

タタラ作り

ろくろ挽き

陶芸に興味を持った方なら誰でもやってみたい成形法が「ろくろ挽き」でしょう。指先の微妙な加減ひとつで形が変化するだけに難しいですが、失敗を恐れずに挑戦し、数をこなしていくうちに上達してきます。
ろくろ挽きは左右対称な円形の器なら何でも作ることが可能で、上達してくれば形も大きさも全く同じ陶芸作品を短時間で大量に作ることもできます。
(焼成後は粘土の中の水分が抜けて縮むため、少し大きめに作ること)

電動ロクロ作り方

ロクロ成形では最初に「土ごろし」と呼ばれる作業を行います。土ごろしとは、砲弾状にした粘土をロクロの上に乗せ、両手で粘土を挟みながら下から上に引き揚げ、今度は上から下に押し下げる作業で、その作業を繰り返していくうちに中心が定まり、厚みの均等な丸い器を作ることが可能になります。
中心が定まった円すい状の粘土のてっぺんに陶芸作品を作ります。すべての基本は厚みの均等な円柱形(湯呑みの形)で、ここから変形させて様々な陶芸作品を作ることができます。
例えば湯飲みを倒せば平らなお皿に、胴を膨らませて口をつぼめれば徳利になります。
作品が完成したら「しっぴき」と言う紐で切り離し、ロクロの上に残った粘土で次の作品作りに取り掛かれます。
出来上がった陶芸作品は乾燥させ、生乾きになった時点で高台(底の部分)をカンナを使って削り、再度乾燥させて素焼き・釉薬掛け・本焼きを行って完成となります。

電動ロクロ陶芸作品

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【陶芸教室で陶芸体験】のサイトトップに戻る▲

陶芸体験基礎知識
陶芸の魅力 陶芸教室の基礎知識 陶芸窯、陶芸用品・材料について
陶芸作品の作り方
陶芸作品の作り方「土練り」 陶芸作品の作り方「成形」 陶芸作品の作り方「乾燥」・「素焼き」 陶芸作品の作り方「施釉」・「本焼き」
陶芸作品集
陶芸作品「お皿」 陶芸作品「小鉢」 陶芸作品「茶碗」・「どんぶり」 陶芸作品「花瓶」・「植木鉢」 陶芸作品「その他の陶芸作品」
陶芸教室一覧
東京都の陶芸教室(23区) 東京都の陶芸教室(23区以外) 大阪府の陶芸教室 京都府の陶芸教室 神奈川県の陶芸教室 千葉県の陶芸教室 埼玉県の陶芸教室 兵庫県の陶芸教室 栃木県の陶芸教室 愛知県の陶芸教室 福岡県の陶芸教室 群馬県の陶芸教室
陶芸教室で陶芸体験リンク集
陶芸関連のリンク集1 陶芸関連のリンク集2 陶芸関連のリンク集3 陶芸関連のリンク集4 お役立ちサイトリンク集1 お役立ちサイトリンク集2
当サイト管理人より
管理人プロフィール 相互リンクについて 免責事項

スポンサードリンク