陶芸窯、陶芸用品・材料について

陶芸窯について

昔ながらの薪窯は設置場所や煙などの問題があるため市街地で使うのは非常に困難です。そのため現在は市街地でも使用できる電気、ガス、灯油など熱源に使用する陶芸窯が市販され、陶芸教室もそれらを使用して陶芸作品を焼きあげています。
電気窯は箱型の本体内部にニクロム線が取り付けてあり、電気によって炉内の温度を上昇させ焼成します。煙や炎が出ず、設置場所も取らないため都心のビルの一室を使用した陶芸教室で多く使用させています。プログラムによって温度・焼成時間など全自動で陶芸作品を焼成することが可能です。

ろくろ・小道具について

陶芸作品を作るうえで重要なものが「ろくろ」です。電動ろくろはモーターでターンテーブルを回転させ成形します。モーターがなく手で回す「手ろくろ」もあります。
他に形作るために様々な小道具が存在し、それらを駆使して思い通りの形に仕上げていきます。
代表的な小道具は、高台(器の底の部分)を削るための「カンナ」、徳利など内部に手が入らないものを作るときに使う「コテ」、器の縁を切りそろえるための「弓」、縁を滑らかにする「なめし皮」などです。

粘土・釉薬について

陶芸用の粘土には「白土」と「赤土」など多種存在します。同じ釉薬を掛けて焼成しても使用した粘土の色によって全く発色が異なります。
釉薬は器の表面に艶を出すためだけでなく、吸水性をなくし、汚れにくくする効果もあります。ほとんどの陶芸教室では数種類から数十種類の釉薬が用意してあり、好きな釉薬を自分で選んで素焼きした作品に掛けます。また、陶芸材料店にも様々な種類の釉薬が販売されています。
釉薬の掛け方も「流し掛け」・「浸し掛け」・「吹き掛け」・「ガバ掛け」などあり、作品の形や仕上がりの雰囲気を考慮して使い分けます。

スポンサードリンク

【陶芸体験基礎知識】カテゴリ内の記事一覧

ページのトップに戻る▲

【陶芸教室で陶芸体験】のサイトトップに戻る▲

陶芸体験基礎知識
陶芸の魅力 陶芸教室の基礎知識 陶芸窯、陶芸用品・材料について
陶芸作品の作り方
陶芸作品の作り方「土練り」 陶芸作品の作り方「成形」 陶芸作品の作り方「乾燥」・「素焼き」 陶芸作品の作り方「施釉」・「本焼き」
陶芸作品集
陶芸作品「お皿」 陶芸作品「小鉢」 陶芸作品「茶碗」・「どんぶり」 陶芸作品「花瓶」・「植木鉢」 陶芸作品「その他の陶芸作品」
陶芸教室一覧
東京都の陶芸教室(23区) 東京都の陶芸教室(23区以外) 大阪府の陶芸教室 京都府の陶芸教室 神奈川県の陶芸教室 千葉県の陶芸教室 埼玉県の陶芸教室 兵庫県の陶芸教室 栃木県の陶芸教室 愛知県の陶芸教室 福岡県の陶芸教室 群馬県の陶芸教室
陶芸教室で陶芸体験リンク集
陶芸関連のリンク集1 陶芸関連のリンク集2 陶芸関連のリンク集3 陶芸関連のリンク集4 お役立ちサイトリンク集1 お役立ちサイトリンク集2
当サイト管理人より
管理人プロフィール 相互リンクについて 免責事項

スポンサードリンク